【妊娠体質になる3つのポイント】のお話とは!

明日はシンプルライフでの初めての「妊娠への近道セミナー」を開きます。

内容は【妊娠体質になる3つのポイント】というお題です。

これまでやってきた内容とはちょっと違います。
①食事・運動・睡眠といった生活スタイル
②冷え・ストレス・老化といった不妊の要因
③認知・労り・楽分けといった行動


この3つのポイントをお話しします。
①②はこれまでもお話ししてきました
今回は③を追加し、重点的にお話ししたいと思います。
①②は重要なことです、ですが実はもっと重要なことは③です。
実際にこれまで診てきたなかでも③を上手くやられている方は妊娠しやすいのは明らかです。
①②を日々行うにも③認知・労り・楽分けができるともっと楽に
体質改善を行うことができ、結果に結びつきやすいのです!
不妊症や不育症には、それぞれの体質や環境、現状や病的な原因など様々ですね。そういったなかで、病院での治療、食事や運動療法など、今後の予定や仕事との兼ね合い、身内や周囲との付き合いなど考えることがいっぱいで、頭のなかがゴチャゴチャになってしまいやすい状況です。
あ〜やることいっぱい、気を使うこといっぱい、で日々どころか1分1秒ず〜と不妊のことばっかりで疲労困憊になりやすいですね。
こんな状態で治療をして・・・ 生理がはじまる予感が出てきて
「あ〜お願い、生理こないで‼️」と思ってもきた時のショックはとても大きなダメージを受けます。
あなたもそうではないでしょうか?その後にすぐに動けますか?
良いと言われていたことを継続してやる気になりますか?
正直ここが「妊娠しやすい体質作り」の勝負どころです‼️
妊娠したいと強く思っているのに、生理がきた時にショックは計り知れない。
ですが、次の妊娠のチャンスをまた作るのも生理であるわけです。
精子と卵子が混ざり合った受精した卵、それがひとつに変化し、子宮内膜に着床することが妊娠となるわけです。その子宮内膜は常に新鮮な良い状態でなければなりません。ですから28〜32日ほどで入れ代わっていくわけです。
妊娠しなかったというのはたしかに、今回の着床するチャンスを逃してしまいましたが、身体も次に向けて準備していきます。そのため生理が安定した日数の周期が重要です。
次はもっとよい子宮の環境をつくるためにも気づき、次はもっとよい状態にもって行こうと思えるように、日々疲れていてはこの大きなショックには耐え切れません。
うちで漢方薬やカウンセリングをしていると、「前よりも立ち直りが早くなった、漢方やってみてよかったね!」と旦那に言われました。と喜ばれるかたが多いんです。漢方やカウンセリング受けたから、ショックを受けないのではないんです。日々よいコンディション作りを心がけ、精神的にもゆとりを作っていくことで、生理の時の大きなショックにもめげずに頑張っていくことができるようになるんです!
体質改善は1ヶ月でできませんよ、そこでやめてしまっては、妊娠するためによいと言ったものは、ほとんど効果を表す前にやめてしまうでしょう。

「漢方を飲めばいい」
「治療を受ければいい」
といったことではなく、最終の子宮内膜に着床し、発育し安定した妊娠となるまでには、あなた自身の身体の妊娠する力が必要になります!

現在の高度な治療でもできるのは受精卵をつくり卵がひとつになるまで。

治療で着床させることはできないのです。

そのことを知っておかないと、治療で全て済むというわけではありませんから
自分自身の力も高めておかなければいけないのです。
そのためにできること、考えて行動することを
私はサポートしています。

明日のセミナーではこういったことを大切にお話をさせていただきます。
気になる方はまだ空きはありますので、下記まで連絡ください。

2月15日(水曜日)11〜12時
http://simplelife.okinawa

申し込み
☎︎098-975-6305
お問い合わせフォーム
http://simplelife.okinawa/contact.html

無料相談会(予約制:1組30分程度)
2月15日(水曜日)12時30分〜17時まで
【相談会の内容】
現在の状況と、今後の予定や希望を確認し、私達ができるサポートや指導はどういったことかを提案します。

申し込み
☎︎098-975-6305
お問い合わせフォーム
http://simplelife.okinawa/contact.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です