「あなたに必要な妊活がわかる」山口庸仁先生の相談会を終えて

「現在不妊症で悩まれている方は10組に1組の夫婦が不妊症といわれている」
というのはもう実は古いデータで、いまはもっと悪い・・

最近は6組に1組とNHKで放送されました。今後は更に増えると思われ、これ以上の晩婚化や社会での働く女性の出産のサポートがよくならないと、3組に1組の時代がそこまで来ています。

まあそんなメディア・ネット・最新の妊活雑誌などをチェックしていればわかる事。そしてそんな中でも不妊治療の事や漢方の事なども出るが、実際の現場でカウンセリングをしている人から得られるものとはぜんぜん違う!

なぜなら生の声が聞けるから‼️

そんな特別子宝講演会をしてくれた、山口庸仁先生(神戸の不妊治療専門「英ウィメンズクリニック」内サプリメントサポートセンター長)の相談会が、特別子宝講演会を受けた方を優先的に先日行われました。
山口先生の持ってくる最先端のたしかなデータはとても勉強になるし、お客様もそれならどういったことをした方がよい、年齢によっては・・・といった具合に的確であるのでわかりやすい。
今回相談会に参加されたお客様も「話せてよかった〜、いろいろ迷っていた事がスッキリした!」といわれ笑顔で帰っていかれた^_^
次回の相談会は未定、また相談会を開催したいと思っているので次回をお楽しみに!
最後に特別子宝講演会にて話されていたものをかな〜り集約してみました。
ご参考に!
《現在の医療や妊活と言われる事で期待できる事はなんだろう》
1.現代医学
卵子と精子が出会えない・出会いにくい場合に、卵子と精子の距離を縮める事が出来る。
2.生活習慣
身体を冷やしたり、ストレスが過剰にかかると卵子だけでなく、精子にも大きな影響が出ます。
3.東洋医学
心と体を合わせた全体のバランスを整える。(足りないものは補う、溜まっているものは排出する、滞っているものは巡らす、弱っているまたは弱いところは助ける、強過ぎるものは調整するなど・・)
卵子・精子の1個1個の状態(質)を良くする。
東洋医学と西洋医学を合わせると西洋医学だけの時よりも妊娠率がかなり高い
《そしてこの3つがあなた自身の妊娠力を高めてくれる鍵なるもの》
1.カウンセリングを受ける(妊娠率28%上昇)
2.生活習慣を頑張ってなお、自分に欠けているものはなにかの把握(西洋医学・東洋医学)
3. 意識改革(生理は必要・排卵日前おりものを意識)

子宝・漢方・ファスティングのことなら
SIMPLE LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です