気になってませんか?肥満と不妊症の関係!

相談される中で病院で痩せるようにと言われたという方が最近多いです。
あなたもありませんか?BMIが高いとか血糖が高いということで糖質制限されたり・・。


病院では特に血糖に対しては厳しくチェックされます。血液検査で高血糖があると妊娠しにくいこと、そして妊娠中の流産や死産の確率が高まるということで妊娠前から注意が必要なんです。血統が高いと肥満にもなりやすかったり、高血圧なども引き起こします。どちらも血流が悪くなりますから、新陳代謝の低下や冷え性になりやすくなります。そうなると負の連鎖でどんどん体重増加や冷えが悪化し、末端冷え性が強くなれば脳血流も悪くなり、自律神経ましてはホルモンバランスを乱してしまいます。
肥満、高血糖といったことが妊娠の確率を下げてしまいます。
その基準はというと、下記にも記してますが肥満の境界地です。
ただ平均的な肥満数値というのはあなた自身にも必ずハマるかといえば、そうでもない時もありますので、体調を管理しながらの減量や糖質制限が必要です。この場合は数値だけを追ってはいけません。極端にやり過ぎてしまうと、体調を崩したり、低血糖を起こしてめまいやふらふら感、倒れることもあるので無理してはいけません!
他にも体温も大事です、低体温症(36度以下)では新陳代謝が明らかに低下します。ストレス過多も暴飲暴食になったり、筋肉の緊張で血流が悪くなるので慢性化すると、肥満の要因になります。
まずは思い当たるあなたの肥満要因を書き出してチェックして見てください!
自分ではよくわからない場合はご相談ください。
肥満の境界線(女性)
・BMI→26以上
・体脂肪→29%以上
肥満が不妊症と関連しやすいもの
・排卵障害
・多嚢胞性卵巣症候群
・卵子の質の低下

沖縄での不妊・産前産後・漢方・ファスティングのことなら
SIMPLE LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です