“どんな高度な不妊治療も最後は精子と卵子の質が重要”

先日のセミナーでもこの部分にもふれました、少し紹介します。

「あなたが不妊治療だけを懸命に頑張っても限界があるということを早く知ってほうがいい!」

なぜなら、40歳を超えての体外受精の確率を知った時に愕然となります。病院によっては40歳以上のART(生殖補助技術)である人工授精・体外受精・胚移植・顕微受精はほとんど推奨しないところもあります。45歳以上になるとさらに厳しい結果となり、先日相談にいらした46歳女性の女性は県内のクリニックで「ART(生殖補助技術)は0%です、いちお検査しますか?」と言われて何か可能性がないものかと来店されました。

女性の場合は、排卵がある間は妊娠する可能性があります。

精子と卵子のこと、知ると知らないでは大違いです!

 

不妊・産前産後・漢方・ファスティングのことなら

SIMPLE LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です