この夏知っておきたいマスク肌荒れ

自粛生活は明けましたが、新しい生活様式により、

マスク生活はまだまだ欠かせませんね。

寒い季節は暖かくてありがたい存在のマスクですが、

夏はそうはいきません・・・!

最近当店でもご相談の多いマスク肌荒れ。

マスクで見えないからと、放置して悪化している方も。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マスク着用による熱中症リスクが高まるということで、

マスクの着用方法に関して注意喚起が行われているように

マスクは体全体の熱がこもりやすいです。

マスクが直接当たる部分にはもちろんそれ以上の熱がこもり、

プラス自分の呼吸などで蒸れてこもる湿気。(漢方では湿と呼びます)

この「熱」と「湿」が長時間続くと、菌が沢山繁殖します。

その上マスクしたまま会話をしたりすると

マスクによる摩擦で肌荒れは悪化してしまう・・・という悪循環に。

人との十分な距離があるときなどにマスクを外すことも必要ですが、

なかなかお仕事柄など、そうもいかない・・・という方も多いですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな時こそSIMPLELIFEにご相談を☝️

▷▷▷▷▷▷▷マスク肌荒れには、▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷

こもった熱を冷ます【清熱】と、

こもった湿をさばく【除湿】が必要!

▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷

清熱や除湿の漢方薬は沢山!

※写真は一部です。

もちろん、この全部を服用するわけではなく、

それぞれの体質などに合わせたものをご提案していきます。

また、マスク下に熱を持つことで、

必要な水分を飛ばしてしまい、乾燥しがちになります。

その際は潤すものを足してあげると、よりGOOD👍

(亀鹿仙・婦宝当帰膠・百潤露・ホンサージなど・・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのほかに外からのケアとしては、

皮膚病専門の中医学講師によって開発された

【瑞花露(スイカロ)】シリーズは、

消炎作用や保湿作用に優れており、マスク肌荒れだけでなく、

カミソリまけや、生理前の肌トラブルなどにもオススメです!

中と外のケアしっかりケアで、

暑いけど、マスクを外したくない・・・そんな思いとはおさらば〜✋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この夏は、いつも以上に気をつけないといけないことも多いですが、

「置かれた場所で咲きなさい」

の言葉のように、

今いる環境に感謝をしながらも、

その中でしか見つけれない楽しみを見つけていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です