卵巣・子宮年齢を若く保つ漢方薬(補腎薬)とは?

前回は卵巣・子宮にいい食材を紹介しました、今回は漢方薬を紹介します! 今の漢方薬は服用しやすいものが多くなり、取り入れやすくなりました。
煎じる薬だけでなく、顆粒、シロップ剤、丸剤、錠剤といったものがあるので使いやすいですね。

食事や普段の生活では改善しにくいとこに、漢方薬を活用させるのは多少お金はかかりますが時短にもなりおすすめです^ ^

漢方薬が気になっている方は一度読まれてみてください!

「後悔しない妊活のヒント!〜妊娠への近道〜」
卵巣・子宮年齢を若く保つためにできること【食材や漢方薬】:後編
↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/huninsyou-okinawa/entry-12581725786.html

不妊・漢方・ファスティングのことなら[SIMPLE LIFE]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です