「得る」よりも「手放す」ことが先・・

これは「禅」の本に書かれていた言葉で何を指 すかと言うと・・

私たちが物事がうまくいかないときに思う「何かが足らな い」と思ってしまいがちであるが・・。

今の状況を変えたいなら、何かを「得 る」よりもまず「手放す」ことが先になる。という禅的生活の基本だという。

「いらないものを捨てるということ」

その考えは私も賛成であり、自然との調和にも必要ではないかと思う。

本書ではこうも書いてある「執着を捨てる、思い込みを捨てる、持ち物を減 らす。シンプルに生きるということは心や体の荷物を減らす」たしかに・・

一時期大流行した「断捨離」という言葉を覚えているだろうか?それも一緒 ですよね。

実際、断捨離の本を買って私も実行した。使うかもと思って置い ていた物や洋服、通信教育でペン字を習得しようと思っていつかやると捨て ずに数年間置いていた参考書(結局やらない・・笑)などを一気に捨ててスッ キリしたのを覚えている!

私の場合は物質的なものばっかりを捨てたが、それでも精神的にスッキリし てゆとり感がでてきた。
執着や物を持っているとたしかにそれに縛られてし まい、なかなか考えがまとまらなかったり次の行動ができないか、遅くなっ てしまう。

中医学での体質改善に重要な【養生=命を養うこと】もこれに似ている

①悪い滞りをなくす

解毒(デトックス)、排泄、ココロやカラダの悪い滞りを流す

②胃腸の働きを正す

吸収できる状態に整える

③足りないものを補う

必要な食や栄養を入れていく

相談に来店する方の多くは何を足せばいいのかということを探していること が多い。それも重要だけど、①と②があって、それは③番目。

まずは溜まった悪いものを出さないといけない。いろいろ栄養剤やら、強壮剤を飲んでも変わらない方こそ、この①番目をや らなければいけない。そして足りないものを補うために、吸収できる体、い らないものをためない体にしていくこと。そうすれば体は元気になっていく のである。

「いらないものを捨てる」これを行うにあたり難しいことはなく単純なこ
と。

ただそういった概念がないことも多く、気付くことが難しい。
もし自分にとっていらないモノ(執着なども)がわからないなら紙に書き出し てみて、客観的に自身をみてみる。

それができなければ専門的な方にカウン セリングを受けてみたり、相談にのってもらうと気づきやすいです。

シンプルライフもこの考えを基本に体質改善のサポートに努めています。

「カラダを芯から考える」SIMPLE LIFE

仲宗根明志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です