不妊治療の支援拡充(助成金)について

昨年から、保険適用など見直しが必要とされています「不妊胃腸の支援拡充」について。
現在治療で通院されている方は、病院の方からご案内されていると思います。

これから治療を受ける予定や、どうしようかと悩まれている方の参考にされてください。

但し、これは「体外受精及び顕微受精」の助成金です。

残念ながら今回の助成拡充案では
年齢的な部分の変更はありませんでした。
43歳未満の女性が対応ということです。

ポイントとしては
・1回30万の助成金が6回受けられること
(40〜43際未満は3回)

・第一子ごとに、使用した助成金はリセットされますので
第二子、第三子と、各6回(40〜43際未満は3回)まで助成対象になります。

また、法律上で婚姻関係にある場合に限ります。

参考にされてください。

沖縄県からの不妊治療助成金の紹介

厚生労働省からの不妊に悩む特定治療支援事業に拡充について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です