冷え性と冷え症って違うの?

女性に特に多い【冷え】ですが、実は冷え性と冷え症があります。

読み方はどちらもひえしょうなので、同じように思われがちですが、ちょいと違うんですよ〜

どちらも体の冷えを感じている点では違いありませんが、

【冷え性】は特に検査結果にも異常がなく単独では治療対象にならず、

冷えがある体質としてのみ捉えられる際に使います。

そして【冷え症】は、治療が必要だと言う際に使います。

東洋医学では【冷えは万病のもと】と言う言葉があるように、

冷えが様々な病気を引き起こす原因になり得る症状として重要視します。

病院では冷えだからと言って治療されることはほぼありませんよね。

なので、ものすごーく簡単に言うと

【冷え性】=体質(西洋医学的呼び方)

【冷え症】=病気・未病(東洋医学的呼び方)

と言う感じです☺️

なので、基本的にはシンプルライフでは【冷え症】の方に漢方薬をご提案させていただいていますが、

漢方薬を用いる際、その冷え一つでもどこが冷えるのか、冷え方、冷えに伴う他の症状などで違ってきます。

❄︎ 全身が冷えますか?

❄︎ 手足のみが冷えますか?

❄︎ 内臓が冷えている感じがしますか?

❄︎ 足元は冷えるけど上半身はのぼせますか?

など、このように冷えの症状は無数にあり、処方ももちろん変わってきます。

この冷えの種類による対処法はまた別で書きますね!!

冷えがあり、その上で生理痛や胃腸障害、頭痛などでもお悩みでしたら、

それはきっと【冷え性】ではなく【冷え症】です!

白ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です