妊活と春の養生

血を増やすこと、緩めること

春は気候の変化、自身の環境変化がカラダにもココロにも影響しやすい時。

春先は年度末で、やり残しや仕事、新年度の準備等が何かとバタバタしやすいです。

また春になると、気候的にも暖かくなり、動きだしたくなることもありますので、ワクワクやソワソワしてくるのも春の季節ならではです☝️

そのため、感情も高ぶりやすく、気を張りやすい時です。

妊娠へのあせりや不安がいつもよりでやすいかもしれません。

必要以上に最近あせってしまう感じがあるなら春の季節のせいかも・・

春の季節は、目の疲れ、かずみ、ドライアイ、涙がでやすいといった目にでる症状が多いです。

他にもイライラや不安感がでやすいといった自律神経の乱れ、筋肉や筋を痛めやすい、脂っこいものは消化不良になりやすい、じんましん、痔の出血や悪化など。春の季節によってでやすいものがあります。

女性では生理周期に異常が出たり、月経前症候群(PMS)が悪化したり、生理痛がひどくなることもよくあります。これは春に不調を起こしやすい原因に、肝の働きが高まり質のいい血が不足する「肝血不足(かんけつぶそく)」になりやすいからと考えられています。

そのため中医学では、妊活養生で重要な血と気を滞りなく巡るように下記2点をポイントに考えます。

✔️ 質のいい血を増やすこと

✔️ 緩める(緊張をほぐす)こと

この二つはとても重要で、妊娠準備の必要な方にはとても大切と言えます☝️

この二つを養生することで、自律神経とホルモンバランスが整いやすくなり、妊娠しやすい体質へ変わります。

質の良い血を増やすことは、卵巣機能を活性することはもちろん、子宮内膜の厚みや質にいい影響を与えます。不足すればよい卵、着床しやすい子宮内膜を作りにくくなります。

緩める(緊張をほぐす)ことは、カラダを巡る「気血水」といったものを滞ることなく、必要な場所へ送り届けることができます。気はエネルギーの源でミトコンドリア活性にも重要です。血は卵巣や子宮への栄養・酸素・ホルモン物質・体温を届けます。水は水分代謝を良くすること、むくみやリンパの流れをよくします。また血液以外の潤い成分の入れ替えもしますので、子宮内膜の粘膜の潤いにもいい影響を与えます。

それに緊張が続くと、メンタル的にも良くありません。あせりがでやすい状況の中、緊張感が続くのはイライラしやすくなったり、不安になったりとメンタル不調にもなりやすく、自律神経を乱します。

春の季節は、デトックスして、リセットして、スタートする。

春は自然界でも芽吹きの季節です、妊娠にも良い季節となります。

「質のいい血を増やすこと」「緩める(緊張をほぐす)こと」はどうすれば良いのか?

まずはしっかりと眠ることです☝️

睡眠はカラダも脳も休養でき、質のいい血もたくさん作れるようになります。女性ホルモンも活性化され、卵巣へのいい影響もあり、美容面にも効果的です。

また成長ホルモンの働きも活性化され、痛んだ細胞や組織の修復もすすみます。

とはいえ睡眠が取りづらいということもあるでしょう。

まずは、春の養生方法の一番目「朝は早めに起き、散歩をすること」

春の陽気は気持ちがいいもので、体内リズムをリセットするにもいいですし、気分転換しながら、カラダを少し動かして巡りをよくしましょう!

また自然に触れることです、木や葉や土といったものに触れることもいいです。

時々、土や砂など触れた時に、懐かしい感じがしませんか?ホッとするような感じがいいですね!

沖縄には砂浜も多いです、そういった場所で裸足で歩いたりするのもおすすめです。

砂浜や芝生など裸足で歩くときは、ケガしないよう足元が悪くないか?注意して歩いてくださいね‼️

食事面では、脂っこくないも、辛くないものがおすすめです。

また肝臓や血のタンパク質や鉄分などの栄養が多いもの、赤みのお肉やお魚もいいですね。お肉が苦手な方は豆類を多めに取られるといいですね!

食事の仕方は、消化分解をよくするために、よく噛むことが基本です。唾液をよくでてきます。唾液のでにくい方は、酸味のある発酵食品(お漬物、ピクルス、梅干し)や酢の物(醤油よりポン酢)、柑橘類などを一緒に使うといいですよ。酸味は春の味覚でもあり、毎食に少しづつでも取り入れると春の養生食になります☝️

春の妊活に役立つ代表的な漢方薬とお茶

イライラや不安感、ソワソワする人は緩めるタイプ

🟡漢方薬:逍遙顆粒・加味逍遙散・心脾顆粒など

◯ハーブティ:シベリア人参茶、香ロゼア(配合生薬は紅景天:こうけいてん)

リラックスしにくく、眠りにくいタイプ

🟡酸棗仁湯、心脾顆粒、温胆湯、天王補心丹など

◯ハーブティ:シベリア人参茶、香ロゼア(生薬の紅景天:こうけいてん)、ミント茶、ジャスミン茶

質のいい血を増やしたい人への漢方薬

🟡婦宝当帰膠、亀鹿仙、瓊玉膏、参茸補血丸など

◯漢方茶:田七人参茶、なつめ茶、クコ茶

デトックスしたい人へは妊娠した場合にも安心の生薬と漢方茶

🟡木鶏丹、シベリア霊芝(チャーガ)、瑞芝など

◯ショウキT1PlusEX、五行仙茶、シベリア霊芝茶、デトックス茶、金花黒茶

※便秘の人は自然でいつできてもいい漢方薬、また不妊治療のタイミング(移植)に合わせた漢方薬をちゃんと合わせる必要があります。腸内環境デトックス、溜まったものをでやすくする「五行仙茶(ごぎょうせんちゃ)」も便秘体質改善のサポートにおすすめです。