女性が7の倍数で変化していくこと

薬用養命酒のCMで有名な「女性は7の倍数で体調の変わり目が訪れる」と言っていますね!

これ東洋医学の考え方ですけど、現代の西洋医学的にもかなり似ているというか一緒jじゃないかと・・。

西洋医学での女性ホルモンの変化を表した統計グラフとかなり重なるんです。


女性ホルモンが女性としての心や体の成長と老いに深く関連し、ホルモン低下と老化はほぼ比例していくわけです。

加齢とともにホルモン量が低下するのは仕方のないことですが、更年期障害など急激な変化を起こしやすい女性にとってはケアしておきたいとこですね。

「アンチエイジング」「スローエイジング」といったエイジングケアは漢方での対応もおすすめです!

日々の食生活や紫外線など内と外と対策も大事になってきます、そして内側からできる漢方には「補腎薬(ほじんやく)」といった若さを保ったり、生殖機能を高めるものもあるんです。

不妊や妊活でも良く活用しますが、美容やアンチエイジングにも最適で、年齢に限らず使用できます。

年齢以上に見られる、同世代よりも身体が・・、髪が・・と気になる方には「補腎薬(ほじんやく)」とてもおすすめです!

友だち追加
SIMPLE LIFE友達追加は
こちらからクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です