風邪の引き始めや予防に「風門(ふうもん)」

風門というツボを知っていますか?
風の入る入り口と書いたままですが
風邪(かぜ)を引くときは、この風門から風邪(ふうじゃ)が入るとされ
それが風邪(かぜ)になると言われています。

中医学には五悪【風邪・熱邪・湿邪・燥邪・寒邪】と言われる気候や自然による心や身体に影響を与えるものがあります。

五悪を難しく考えず、寒邪(かんじゃ)なら、寒さなので、負担にならないよう温める対策をとればいいといったことで考えていただければいいわけです。

今の寒さは風も合わさった状態ですから
「風邪(ふうじゃ)」と「寒邪(かんじゃ)」が合わさってますね。

なので「温める」ことも必要だし、「冷たい風にあたらない」ようにすること。
特に風門や3首(首・手首・足首)に冷える風をあてないことです!

風門の部分に使い捨てカイロを貼るのもおすすめです。
マフラーやストールもいいですね!

三連休、温めながら、冷たい風の対策をしながら楽しまれて下さい^ ^]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です