生薬:当帰(とうき)と女性の関係

当帰(とうき)は女性の美と健康をサポートする生薬です

当帰(とうき)は漢方薬をはじめ、化粧品などの美容商品にもよく使用されています。

昔は、当帰水を作って、顔を洗うと肌がキレイになると言われていて流行ったそうです!

当帰は現在でも、肌を潤す作用が強く、基礎化粧品などにも活用されています。

漢方薬では、昔から当帰は、冷え性、月経痛、生理不順、貧血、不妊などの女性の病気に使われてきました。

現代では更年期障害にもよく使われます。

当帰(とうき)は今の時代であっても、女性にとっての大事な「血」をサポートし生理を整えます

①血液を補って、生理を整える

②血行促進によって生理痛を止める

生理が整うと言うことは、巡りよく、不足なく、ホルモンバランスよく良い状態ということです!
「生理痛はないのがあたりまえ!」というのが本来です。

生理を整えることは、女性として美と健康のベースになってくるんです。
不妊症に悩む方にも、生理痛や生理不順、または生理の状態がよくない方が多いのが現状です。病気ということではなくても、未病状態の方は多く、そこに不妊になる要因も隠れていることもあります!

当帰(とうき)は、ほとんどの女性に欠かせないものと言ってもいいかもしれません。

【当帰を使用している代表的な漢方薬】

  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
  • 当帰養血精(とうきようけつせい)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 四物湯(しもつとう)
  • 逍遙顆粒(しょうようかりゅう)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけつだいいちかげん)

婦人科に使用される、当帰の代表的な漢方薬です。

あなたにより合った当帰を使った漢方薬を、美と健康にお役立て下さい!

「生理の悩み」「原因不明の不妊症」「更年期障害の悩み」
悩んでいる方はご相談ください!

↓過去ブログ:夏でも愛飲者が多い「婦宝当帰膠」とは↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です