「夏冷え」と「薬味」と「漢方」

夏になると、冷房、冷たい、飲み物や食べ物で、身体が余計に冷えてしまうことも。

エアコンは上手に使用すれば快適に、また熱中症予防になりますね!要は使いようです。

ひんやりして喉越しいい冷やしソウメンは、鰹節やネギ、シソ、生姜、ミョウガなどを一緒に食べれば胃腸を冷やしません。

特に胃から下を冷やすと食欲低下貧血、だるさ、むくみ、夏バテにも繋がりやすくなります。

冷たいものが喉越しいいからと、そればっかりに偏るといけません!

体を冷やすものには、体を温めるものでバランスをとりましょう^ ^

そこで、下腹部から下に特におすすめしたい薬味があります。

胡椒(こしょう)です。

【胡椒(こしょう)】

胡椒には温めて痛みをとる作用があり、腹部を温め、胃痛、腹痛、嘔吐、下痢を抑えます。

辛味成分には血流促進作用もあります。血流が促進すればエネルギーも回りやすくなり代謝もアップします。

女性は子宮や卵巣のある骨盤周囲を冷やすと、血流が悪くなり生理痛や婦人科疾患の要因になりやすいので

卵巣や子宮の冷えにも、胡椒がおすすめです。

食事以外では下記の漢方薬が「夏冷え」におすすめです、漢方薬は体質や状態に合わせて使うと効果ですよ!

  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう):血を補い、貧血や髪のパサツキや乾燥肌に。生殖器である卵巣や子宮の若さにも。血がたっぷりと増えてくると心と体が温まってきます。

【効能効果】更年期障害による下記疾患

冷え症、貧血、生理不順、生理痛、腹痛、腰痛、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴り

価格(税込):1本300ml(約30日分)5,874円/ 2本600ml(約60日分)10,681円

  • 参茸丸(さんじょうがん):気力、血を補い、体を保温する力、免疫アップにおすすめの生薬がたっぷり配合した大きめの食べる丸剤です。

【効能効果】次の場合の滋養強壮
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

価格(税込):1箱6丸(約6〜12日分)9,900円/ 1丸(約1〜2日分)1,870円

  • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん):若さを保つ生薬で有名な鹿茸(鹿のツノ:ロクジョウ)を配合した若さをとり戻すイメージです、体のエネルギーや熱産生を高めます。

【効能効果】次の場合の滋養強壮

虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

価格(税込):420丸×1個(約14〜21日分)7,480円/ 420丸×2個(約28〜42日分)13,200円

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう):夏バテの食欲不振。胃腸を温め、消化吸収の働きを取り戻します。冷たいものが多い時、ビールや冷たいお酒が多い人にもおすすめ。胃がポチャポチャ音がする胃内貞水タイプには最適です。

【効能効果】体力中等度以下のものの次の諸症

感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠

価格(税込):1箱90包(1日1〜3回服用:約30〜90日分) 9,614円/ 12包 1,705円

☆問合せはこちらをクリック☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です