血の道症による頭痛

PMS(生理前症候群)は割とメジャーな言葉になってきましたが、

血の道症という言葉はご存知ですか?

女性の体のトラブルに大きく関わる漢方独特の言葉で、

婦人科系の漢方薬の効能効果に記載されていることも多いです。

血の道症の定義としては女性ホルモンの変動によって現れる諸症状のこととあり、

PMSも女性ホルモンの影響によりますので、血の道症ということになりますが、

血の道症はPMSだけでなく、妊娠・出産、産後、更年期も含みますので、

PMSより範囲が広くなります。

血の道症の症状は人それぞれで、

☑︎イライラや不安などの精神神経症状

☑︎肩こり、腰痛

☑︎ニキビや吹き出物

☑︎頭痛やめまい

このような症状の中でも特に頭痛は、

とりあえずの症状緩和のために鎮痛剤を使いがちですが、

忘れてはいけないのが、

血の道症による頭痛の原因が体の内側にあるということ💡

血の道症の対処漢方は体質によって異なりますが、

今回は血の道症による頭痛に良い漢方のご紹介💡

イスクラ産業さんの頂調顆粒 1箱45包 4,620円(税込)

こちらの漢方薬は

滞った血を巡らせる生薬(センキュウ)や気を巡らせる生薬(ハッカ・コウブシ)が

血の道をスムーズにすることで痛みを緩和します!

それだけでなく、風邪(ふうじゃ)と取り除く生薬(キョウカツ・ボウフウ・ビャクシ)も

たっぷり配合されているので、

血の道症だけでなく、風邪による頭痛や蓄膿を伴う頭痛・クーラー病にもとてもおすすめです!

______________________

※風邪(ふうじゃ)とは?

自然の外気「風・暑・火・湿・燥・寒」を六気と呼び、

その中の一つである「風」が身体へ刺激となり病気を引き起こすことを風邪(ふうじゃ)と呼びます。

六気の中でも、体内を縦横無尽に走り回る性質を持っている邪気で、

特に体の上部(あたまなど)を襲いやすく、

頭痛やめまいなど上半身の症状と密接な関係があります。

______________________

【頂調顆粒】は、痛みの中でも特に首から上の痛みに強い漢方薬です。

血の道症のその他の症状に関して、

「あ、私これかも」

とお思いの方は、ぜひ相談してみてくださいね☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です