妊娠中の体調不良で困っていませんか?

【妊娠中の不調について】

妊娠中はなるべく薬💊は使いたくない!ということありますよね☝️

風邪薬や痛み止め、便秘薬は特に気になるとこです。
まず気になれば、担当医や通っている産婦人科に問合せしたらいいですね。

持病での薬を服用している人は妊娠したら念の為、処方してもらっている担当医に確認下さい。

漢方薬については、妊娠中でも使えるものはもちろんあります☝️

ただし、妊娠時期(初期・中期・後期)や妊娠中ではあまりお勧めできないものもあります。

漢方薬の風邪薬によく使う「麻黄(マオウ)」、便秘薬によく使う「大黄(ダイオウ)」は取り過ぎ(量)や長期使用はおすすめしません。

子宮収縮につながる可能性もあるので、今の状況に必要性を感じなければなるべく避けたいとこです。

ただし、適量や短期的であればさほど心配は入りません。

シンプルライフでは、妊娠中の不調の相談も受け付けています。
これまでの相談内容は下記の通りです。

  • 強いむくみ
  • 鼻炎
  • 貧血や立ちくらみ
  • 食欲不振
  • 胃腸の違和感や痛み
  • 胃腸の張り感で息苦しい
  • 関節痛や膝や腰の弱り
  • 歯や歯茎の変化や弱り
  • 不眠
  • 疲労困憊、気力低下
  • ぢ(切れ痔、いぼ痔) ※痔ろうは病院にて治療

もし同じようなことで悩んでいるなら、漢方や妊娠中に必要な栄養素対策も相談にのります。

妊娠中だから、我慢しかないというわけではありません!

我慢し過ぎることで、体が力んでしまうとそれこそ子宮収縮しかねません。

力みは緊張してくるので、血管の収縮や胃腸の動きの抑制になってしまいます。

我慢のし過ぎが、悪循環しやすい環境を作ってしまいますので要注意です❗️

漢方薬、漢方茶、栄養素など状況に合わせて、妊娠中のリラックスのために活用することもできますので、気になることあればご相談ください。

妊娠中&産後の中医学養生

Ps.画像の「妊娠中の養生」と「産後の養生」冊子は店頭でご自由にお取りいただけます。ご活用ください!