肥満症に効く「防風通聖散」を効果的に使う方法!

漢方でダイエットというと、有名なのが「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」です!

ネットで検索してもすぐに「防風通聖散」がでてきますし、ドラッグストアでもよく並んでいますね☝️

メーカーによっては商品名は違っていて、処方名が「防風通聖散」となっているものもあります。

超有名なのが小林製薬「ナイシトール」シリーズですね‼️

クラシエ「コッコアポEX」などもその例です。どちらも中身は漢方の「防風通聖散」です。

※防風通聖散が合うかどうかは薬局・薬店・ドラッグストアの薬剤師 or 登録販売者へ確認して下さい

「防風通聖散」はどのような人が合いやすいのか?

この条件の中で、まず大事なのは「体力が充実している」ということです

体力が充実している人

元々体力があるから大丈夫ではなく、今体力が充実しているか?ということが大事です。

防風通聖散は、代謝を上げる効果があります!

代謝を上げて汗を欠かすような効果もあり、発散する力があるんですね。

その点からも「肥満症に効果的」ということです。

燃焼効果が上がる⤴️ことはとてもいいことで、ダイエットしたい人には最適といえます。

ただ「体力ない人」や「疲れてきっている人」はどんどん消耗してついていけなくなってきます。

なので、服用はじめは体力が多少残っていれば効くかもしれません。

ですが、防風通聖散の効果がでるたびに消耗するという点から、代謝は上がって燃やしますが燃料不足(エネルギー不足)になってしまいやすい状態だと効果が低下してきます。

燃料不足では脂肪を燃やす代謝力が低下していってしまいます。

長期的になればなるほど、代謝力を維持する燃料が必要になります。

それと厄介なのは燃料不足のカラダは本能的に燃料になるエネルギー源を欲します。すぐにエネルギーになりそうな糖質系のものなどが食べたくなります。体重や脂肪を落としたいのに、体重や脂肪が落ちない停滞気味の状態はストレスも溜まっていきます。耐えきれなくなると食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまいます。

「肥満だから・・」「皮下脂肪が多いから・・」というだけでは、求めている防風通聖散の効果は長続きしません。

防風通聖散の効果を最大限引き出すには「体力が充実していること」がとっても大事なんです。

ただ、元々体力のある人は、回復力も高い場合が多いので消耗したエネルギー成分を「補える漢方(補気薬)」を併せて「防風通聖散」を服用するといった方法で燃焼する力を維持していくようバランスを取ることもできます☝️

❌服用しない方がいいタイプ

防風通聖散を合わないことが考えられるので、上記の❌タイプは服用はおすすめしません。

「防風通聖散」には肥満症だけでなく、便秘やむくみ、高血圧の動悸などの症状といった用途があります。生薬も18種類配合され、幅広い効果をもっていて、とてもありがたい漢方薬です👍

漢方薬は、体質や状態に合えば効果的です!合わなければ効果は得られないですし、副作用が出てしまうこともあります。漢方薬について自分にどれが合うのかわからない場合は、専門家にご相談下さい。