円形脱毛にも漢方?!

ここ最近円形脱毛症のご相談が続けてありました。

円形脱毛症と言ってもさまざまなタイプがありますが、

漢方では髪の毛のことを

【 血余(けつよ) 】

と呼び、漢字の通り、

【 血の余り 】

と言う意味を指します。

※この「 血 」とは中医学の概念で機能も含み、

イメージする「 血液 」よりも広い範囲を含みます。

「 血 」が十分にあり、機能している状態であれば、

髪の毛はしっかり量があり、ツヤやコシも出ます。

子供の髪がツヤツヤなのも、産後に髪が抜けやすいのも納得ですよね。

円形脱毛症の場合は

【 血虚 】(血の量や働きが虚してる状態)の改善のために

補血薬(婦宝当帰膠や四物湯、亀鹿仙など)をベースに使用することが多いです。

そこに、ストレスが強ければ

気の巡りを良くする柴胡剤(柴胡顆粒骨牡蠣湯や加味逍遙散など)を足すこともあります。

髪の毛の発育を促すには

【 補腎薬 】(亀鹿仙や瓊玉膏、参茸補血丸など)

を足すのもいいですね。

ご紹介した漢方薬はあくまでも一例です。

服用の際は体質や症状に合っているかを薬剤師や専門店でご相談ください。